2014年12月10日

こんな人におすすめ


売れ行きが好調の「けんきの滴」ですが
このけんきの滴はこんな人たちにオススメです!



◆水いぼが出来て困っている子供さん

 ・水いぼ治療に、と思い購入しましたが、予想以上にアトピーに効きました!!
  次女の水いぼは、1本使い終わらないうちに完治。

 ・半年間皮膚科に通ってもなくならなかった4歳の息子の水いぼが、
  「けんきの滴」をつけるとあっという間にきれいになりました。


 ・子供のいぼがひどかったのですが
  2回目の注文の時にはほとんどなくなっていました。
  3年も悩まされていたのでびっくりしましたが本当に感謝しております。 


◆水虫に悩まされている方

 ・水虫で痒くてたまらないときがあります。
  「けんきの滴」を原液のまま手につけ、痒い箇所に数回ぬりますと、
  かゆみがなくなりました。

◆アトピー体質の人

 ・重度アトピーの息子は、掻き壊した傷に沁みるものの、
  10倍希釈液をぬるとかゆみが収まります。
  まだ1ヶ月経っていないので、この先が楽しみです。

 ・痒くてかくので、足が赤くはれていましたが、
  「けんきの滴」を原液のまま痒い箇所に塗りますと、
  2日後にはかゆみも無くなり、赤い腫れもなくなりました。
  その後もかゆみがありません。



  いずれも購入者からの投稿から転載したものです。

そのほかには、入浴剤として使えば肌がつるつるになり
長期間使えば吹き出物が治まった・・・という投稿もありました。


皆さんが「けんきの滴」を圧倒的にご利用いただいているのは
皮膚のトラブルに対してです。
皮膚病でお悩みの方は一度「けんきの滴」をお試し下さい。

蒸留木酢・竹酢液「けんきの滴」 
蒸留木酢・竹酢液「けんきの滴」 【ケヤキインターナショナル】
 
posted by けんきの滴 at 03:09| 使って欲しい人 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年10月13日

けんきの滴で水いぼ退治!


けんきの滴は殺菌作用、脱臭作用、植物生育促進作用が
顕著であることが知られています。

また、けんきの滴には原料である木や竹以外の添加物が
入っていないことから、人体への副作用がとても小さい
という利点があり、皮膚病でお困りの人にもその治療に
使用されています。


ここでは、以下に実際に「けんきの滴」を
使用されている人がどのように思われているのかを
確認してみました。
 水いぼ、アトピー等の皮膚病でお悩みの人の
 参考になればと思います。


◆Sさん

 子供の膝裏にできた大量の水いぼを
 どうにかしたくて調べていたときに出会いました。
 試しに購入。水で薄めて患部にぴちゃぴちゃつけること数日。
 小さい水いぼ集団が無くなってました。まだでかい水いぼが残ってますが、
 小さい水いぼが無くなっただけで、肌がきれいになりました。
 木竹酢液なので多少臭いはしますが、
 気になるほどではありません。水いぼが治るまで使ってみたいと思います。


◆Rさん

 1ヶ月くらいずっと健肌の滴を足裏のいぼに
 毎日つけていたらいぼがとれました。
 はじめは半信半疑でしたが1度皮膚科で液体窒素で焼いて
 かなり痛い思いをしたのでもう二度と嫌だと思っていたので本当にうれしいです。
 まずはお礼まで。有難うございました。

◆Uさん

 「けんきの滴」を入浴剤に使わせていただいております。
 娘の水いぼが少しでも早くよくなってほしいと思い、続けさせていただいております。
 「けんきの滴」使用前に一度水いぼが増えてきたかなと心配しましたが、
 その後は数も減ってきました。
 今は主に入浴剤としてですが、虫刺され等にもこれからの季節は活躍しそうです。



注意点ですが、木酢液ならすべて、どれでもOKではなくて
中には、建築廃材を原料にしているようなものもあるようです。
きちんと信頼できるところでお求めになることをお勧めします

けんきの滴はその点、間違いありません。
リピーターが多いのが何よりの証拠です。
蒸留木酢・竹酢液「けんきの滴」 
蒸留木酢・竹酢液「けんきの滴」 【ケヤキインターナショナル】









posted by けんきの滴 at 12:46| けんきの滴の評価 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年07月12日

こだわり


本来、木酢・竹酢液は本来不純物が含まれていますので茶色をしています。


しかし、けんきの滴は
無色透明。 高濃度、高純度木酢・竹酢液に仕上っています。

それは、「真空蒸留器」で丁寧に蒸留し、不純物を限界まで取り除いているためです。

純粋に皮膚病などでお困りのユーザーに

木酢、竹酢液だけを提供したいとの思いがあります。

蒸留木酢・竹酢液「けんきの滴」 



けんきの滴の使用法

1日数回、適量を原液のまま痒い箇所に塗布してください。
◆お風呂に使う場合 お風呂にキャップ1杯(大さじ2杯)の木酢液を入れると、
かすかに燻製のようなにおいがし、 よく温まり、湯上りもホカホカとします。
肌もしっとりと潤ってきます。

残り湯は流さずに庭にまけば、 害虫防除などにも役立ちます。
また浴槽の汚れも少なくヌルヌルしません。

けんきの滴はコチラからお求めいただけます
蒸留木酢・竹酢液「けんきの滴」 

posted by けんきの滴 at 02:05| けんきの滴のここがいい | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。